予防歯科・歯周病予防

予防歯科

歯の健康に大切なのは、治療よりも予防です

今ある歯を大切にしていただき、健康な歯の状態を維持していただくことが「予防歯科」の役割です。
欧米では元来、保険制度が存在しないため虫歯や歯周病になると高額な費用がかかってしまいます。
そのため、子供の頃から矯正をしてでも虫歯や歯周病になりにくいように、また大人になっても数ヶ月に1回のメインテナンスをして虫歯や歯周病を予防していくのが主流です。
日本は保険制度が定着しているため、悪くなってから治療するのが当たり前のような風潮が定着していますが、そもそも虫歯や歯周病にならないに越したことはありません。
せっかく治療した歯も、今まで通りにケアをしなければ、いずれまた治療が必要になってしまいます。
治療を受けずにすむように、常日頃のケアを丁寧に続けることが大切です。

予防―口腔内の原因を根本から解決する

虫歯の予防のためにも、歯周病の予防のためにも、すべての歯の健康のためにいちばん大切なのは、毎日の「歯みがき」です。
歯は磨いているのに虫歯の治療が絶えない方はもしかすると間違った「歯みがき」をしているかもしれません。
当院では、お子さまだけでなく、大人の患者さまにも「歯ブラシ指導」を行っています。

歯ブラシ指導―説明するだけではなく感覚を覚えていただきます

「歯ブラシ指導」では、必要であれば院長や衛生士が実際に歯ブラシを持って、患者さまの歯を磨きます。
というのも、どのくらいの強さで磨くのか、歯のどこに、どのように歯ブラシがあたるのか、などの感覚を覚えていただきたいからです。

そうして、今度は患者さま自身で正しい歯みがきを続けていただきます。
正しい「歯ブラシ」の磨き方を学ぶことが予防の第一歩であり、そのためには言葉で説明するよりも、実際に正しい「歯ブラシ」方法を体験していただくことがいちばんわかりやすく、覚えていただけると考えています。

気になるタバコのヤニや口臭の治療

口臭があると、話している相手に不快感を与えてしまう事がありますので、
中野駅南歯科クリニックでは口臭の改善の治療を行っております。
気になる方は、お気軽にご相談下さい。

歯周病予防

歯を失う理由の断トツ1位は歯周病です

歯を失う方の約60%が歯周病によるといわれています。
ところが、歯周病が歯を失うほどの怖い病気なのだと認識されている方は、残念ながらまだ多くはありません。
歯は実際に失ってみないと、なかなかその大切さに気づかないようなのです。
今ある歯をしっかりケアして、治療せずにすむように守っていくことが大切です。

歯茎が腫れている、歯が動く…自覚症状のない歯周病の怖いところ

【自覚症状のない病気】
それが歯周病です。
歯周病は、歯の周辺の組織が細菌に侵され、炎症を起こす病気です。
ひどくなると感染は歯の根を支える骨にまで及び、最後には歯が抜けてしまうこともあります。

しかし、こうした結果を招く怖い病気にもかかわらず、痛みがほとんどなく、歯肉で隠れているために、骨が溶けていることも目で見ることはできません。
ですから、自覚症状が出ない病気ともいえます。
結果、来院されるのはかなり悪化してからとなり、噛みにくい、歯茎が腫れた、歯が動くなど、自覚症状がでてからの場合がほとんどです。

歯周病の診療

歯周病の予防は、やはり歯みがきになります。

歯ブラシの選び方やみがき方の指導はもちろんさせていただきますが、歯科医として大切なのは、歯みがきをしやすい環境をつくるということだと考えています。

歯石のクリーニングはもちろんですが、歯並びが悪くて磨きにくい、被せ物が合っていなくて磨きにくい、そうした歯並びや歯の形状を治していくことも予防につながるのです。

中野駅南歯科クリニックの歯周病治療

歯周病の場合は、歯周ポケットに停滞するプラークが原因であることがほとんどです。

プラーク中に生息する細菌が、歯の炎症を誘発させるため、
口の中のこうした菌を減らすことも予防につながります。

当院では、歯周病の診断にも有効な歯科用CTを導入しています。
院長は「日本歯周病学会認定医」でもありますので、歯周病の治療はもちろんですが、予防のためのカウンセリングを受診されることをおすすめします。

院長ブログ スタッフブログ 患者様の声
Facebook 歯医者ガイド 求人募集
スルガ銀行のデンタルローン

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、中野駅から徒歩3分の中野駅南歯科クリニックまで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-6382-6480
24時間WEB予約はこちら
contact_tel_sp.png
24時間WEB予約はこちら