一般歯科・お子さまの治療

虫歯の治療について

虫歯が悪化したらどうなるのか

初期の虫歯は、削ってコンポジットレジンというプラスチックの様な物を詰めます。
虫歯が進行すると、歯が痛くてしみるようになりますので、神経まで虫歯菌に感染してしまった場合は、神経を抜く必要があります。
神経が生きている歯には、血液が流れていて柔軟性があります。虫歯が進行して神経を抜くと、歯としては死んでしまって、割れやすくなってしまいます。割れてしまうと抜かなければならなくなってしまうため、できる限り神経は残していきたいものです。
「第一大臼歯」は「6歳臼歯」とも呼ばれ、最初に生えてくる永久歯です。奥から2番目にあるので磨きにくく、虫歯になりやすい歯です。
生えている期間も長いので、虫歯治療の回数が多くなり、欠損率も高い傾向にあります。歯や神経は、できるだけ抜かずに残すのがおすすめです。年をとって入れ歯になったとしても、歯の根っこだけでも残っていれば義歯の支えになるからです。

虫歯にならない為の早めのケアとは

毎日のブラッシングが何より大切です。歯みがき粉をたっぷり使うと爽快感があるため磨けたような気持ちになりがちですが、実はきちんと歯が磨けていないことがあります。
プラークをしっかり取り除くことができる、本質的な歯みがきが重要です。
当院ではその方にあった歯磨きの仕方をスタッフと一緒に考え、磨き残しのない歯磨きを提案しております。

お子様の治療について

歯医者さんが初めてのお子様や、怖がって口の中をなかなか見せてくれないお子様がいます。
知らない人に知らない場所で変な道具が置いてあって、さらには親御さんから歯の治療の恐怖などを聞かされていたりなんてしたら、なんとかして口の中を見られないようにするでしょう。
まずは歯科医院に慣れてもらうことから始めましょう!徐々に私たちスタッフと仲良くなって、信頼を築いてから必要であれば歯の治療をしましょう。焦らず、ゆっくりと信頼関係を築くことが何より大事なことではないでしょうか?

乳歯が永久歯に与える影響―幼少期の予防の重要性

お子さまの乳歯の虫歯は、生え変わったあとの永久歯の歯並びに大きく影響します。
乳歯には、永久歯の「スペース・メイキング」としての役割があり、虫歯が酷くなると抜かなくてはいけないこともあります。
適切な時期まで乳歯が残っていないとその後に生えてくる永久歯の生えるスペースが狭くなり歯列不正の原因にもなります。
また子どものときの指しゃぶりなどの癖が永久歯の歯並びを悪くする原因にもなるので、注意が必要です。

当院では、小児歯科健診で来院された父兄の方々にも、できる限りわかりやすくお話しさせていただき、お子さまの歯(歯並び)に関心をもっていただくよう努めています。

どうぞ、お気軽にご相談ください。

診療の内容

虫歯の予防として、「フッ素塗布」「歯ブラシ指導」はもちろん行っております。
また、歯のクリーニングを行って、みがきにくい箇所などのケアをしています。
3カ月ごとの予防プログラムとしての検診も行っていますので、虫歯の早期発見や噛み合せ、歯並びのチェックのために、どうぞご利用ください。

一生健康な歯で過ごすために

子どものときの歯に対する教育によっては、大人になってからの歯の健康に対するモチベーションが変わってきますので、小児歯科の役割は重要だと考えます。

また、お子さまの虫歯予防については、お母さまをはじめとするご家族の方の協力が大切です。
乳歯列期から虫歯や歯列不正の予防をしていくことで生涯にわたってご自身の歯で食事ができる環境整備のお手伝いをさせて頂けたらと思います。
長く成長を見守っていける信頼できる関係をつくっていくことが、歯科医院のひとつの理想だと考えています。

お子さま自身にも親しんでもらえる、痛くない、楽しい歯科医院を目指しています。
明るいキッズスペースもありますので、安心してご来院ください。

子どもの歯並びについて

現代人は顎が小さくなってきていると言われています。
顎が小さいのに歯が大きいと、歯並びがガタガタになります。
歯並びが悪いと、歯みがきもしづらいので、虫歯や歯周病のリスクを高めたり、咀しゃく能率の低下や食いしばりの原因にもなります。
また唇をかむ癖や舌が上顎についていない癖(低位舌)があると、歯並びを歪める要因になります。

アーチ(歯並び)を狭くしない生活習慣とは?

矯正治療で使用するワイヤーは、100gほどの弱い力を継続的にかけていくことで歯を動かしています。一方で頭の重さは子供でも2kgくらい、大人では5kgくらいあると言われています。
いつもうつぶせ寝や横向き寝をしていると、頭の重さが歯列にかかり歯だけでなく顎の骨をも変形させてしまうような力がかかるわけです。
アーチ(歯並び)を狭くしないように日々の生活の中で注意していただきたいことが幾つかあります。

寝る時の姿勢

アーチを狭くしない生活習慣とは?でも書きましたが、うつ伏せの姿勢で寝ると、下になっている側に頭の重さがかかります。
その結果アーチ(歯並び)を狭くしてしまったり、横向きの姿勢で寝ている時も同様に歯列に負荷がかかります。
また、頬と枕の間や枕の下に手が入っていると、歯のアーチも手の形にへこみます。
寝返りを打つのは仕方ないことですし、血流を考えるとむしろ寝返りは打つべきことですが、寝始めからうつ伏せだったり、いつも決まった方向に向いて寝るのは避けたいことです。

頬杖

何か考え事をしていたり、机に向かって作業をしている時、右利きの人は左手で頬杖をついたりしがちです。
頬の内側には歯があります。長時間、もしくは頻繁に頬杖をつくことでアーチ(歯並び)を歪ませてしまうこともあります。生活習慣も歯並びに影響があるので、気をつけたいものです。

院長ブログ スタッフブログ 患者様の声
Facebook 歯医者ガイド 求人募集
スルガ銀行のデンタルローン

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、中野駅から徒歩3分の中野駅南歯科クリニックまで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

TEL:03-6382-6480
24時間WEB予約はこちら
contact_tel_sp.png
24時間WEB予約はこちら